体質改善

寒い日が続いて肌がカサカサに・・・乾燥肌を解消する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寒い冬が過ぎて、ようやく暖かくなるかと思っていたら、まだ肌寒い日が続く2017年の春・・・。
そのため、この季節になってもまだ冬と同じぐらい、乾燥肌や肌荒れでお悩みの女性も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなつらい季節を乗り越えるための乾燥肌解消法をご紹介します。

乾燥肌

乾燥肌とはどんな状態? 原因は?

乾燥肌とは文字どおり、肌が乾燥してカサカサした状態のことをいいます。
まず肌が乾燥すると、肌の表面をおおっている角質層がはがれます。
角質層はお肌の水分を保つうえで大きな役割を果たしており、角質層がはがれると皮膚の水分はもちろん油分もバランスが崩れます。すると皮膚から水分と油分・・・お肌のうるおいの成分が失われてしまいます。

ただし、乾燥肌の原因は、冬の乾いた風や低い気温ばかりではありません。実は、次のような要因もあるのです。

  • 生活習慣
  • 栄養バランス
  • スキンケア

生活習慣

昔から「睡眠不足はお肌の大敵」といいますが、これは本当です。
お肌の新陳代謝=細胞分裂は成長ホルモンの分泌が大きく影響しています。ところが、この成長ホルモンは夜、眠っているときに分泌されるものです。
つまり、お肌のケアのためにはしっかりと睡眠をとらなければいけない、ということ。だから「睡眠不足はお肌の大敵」なんですね。
とはいえ、仕事や家事のため、なかなかしっかり睡眠をとることが難しいのも、女性にとって大きな悩み。結果、朝起きたらお肌がカサカサ・・・なんて状態になってしまうのです。

栄養バランス

お肌のバランスは、タンパク質によって保たれます。タンパク質が不足すると、角質の細胞分裂が正常に行われなくなってしまい、その結果として肌が荒れ、カサカサの乾燥肌になってしまうのです。
タンパク質は主にお肉やお魚から摂取します。でも、ダイエットとしてお肉やお魚などタンパク質の摂取を控えている女性は、少なくありません。
実は、こうした痩せるためのダイエット法が、乾燥肌を生み出す要因にもなっています。

スキンケア

お肌の悩みを解消するために、多くの女性がスキンケアを行っているかと思います。ところが、そのスキンケアにも乾燥肌を生み出す危険性があるのです。
それは、正しいスキンケアを行っていなければ、反対にお肌が荒れてしまうということです。
まずスキンケアの第一歩として、化粧水・美容液・乳液・日焼け止めなどを使いますよね。 メイクのためにファンデーション・洗顔料・メイク落としなども使用すると思います。
実は、お肌のために使うものが自分に合っていないためにお肌が荒れてしまう、というケースがあるんです。
また、顔を洗うとき、化粧水やクリームを顔になじませるときに、強くこすりすぎてはいませんか? 強くこすりすぎると、逆にお肌の角質層を傷つけてしまいます。

肌の角質

乾燥肌を放っておくと危険です

水分や油分が失われ、肌がカサカサになったままで放っておくと、女性の悩みはさらに増えてしまいます。
タンパク質が不足するとお肌にシミができてしまったり、お肌が乾燥すると毛穴が開いて皮脂を分泌しようとしますが、皮脂が過剰に分泌されるとニキビや吹き出ものの原因にもなります。
そんなお肌をキレイにしようと、さらにスキンケアを強くしてしまっては、悪循環に陥ってしまいます。
また、乾燥はお肌のかゆみやひび割れ、炎症を引き起こす可能性もあります。特に乾燥によってひび割れが起きると、そこから何か病原菌が入り、違う病気にかかったりすることもあるようです。
乾燥肌・肌荒れは、単にお肌がカサカサしているだけではありません。女性にとっては、できるだけ早く解消したいものです。
そこで、乾燥肌を解消するためには、どんなことをすればよいのでしょうか?

乾燥肌を解消する3つの体質改善法

女性にとって大きな悩み・乾燥肌を解消するには、次の3つの方法が挙げられます。

  • 質のよい睡眠をとる
  • 栄養バランスのよい食事
  • 正しいスキンケア

質のよい睡眠をとる

「睡眠不足はお肌の大敵」ですが、かといって単に長く眠ればよいというわけではありません。
睡眠にとって最も大切なのは、時間よりも質です。どれだけ質のよい睡眠をとったかで、朝起きたときのお肌も変わってくるでしょう。
特にお肌の状態を左右する成長ホルモンの分泌については、「夜10時~深夜2時に眠るほうがよい」「眠り始めの3時間が肝心」など様々な説がありますが、いずれも短い時間でも質のよい睡眠をとることが重要であることを示しています。
仕事・家事と忙しい毎日を送る女性にとって、睡眠の質はとても重要なのです。

栄養バランスのよい食事

お肌のバランスは主にタンパク質で保たれます。だからといってタンパク質ばかり摂取していては、美しい体のバランスが崩れたり、内臓に負担がかかったりと、体の外側にも内側にも影響が出てしまいます。
そこで、しっかりタンパク質を摂りながら、かつタンパク質の吸収を助けてくれる栄養素も取り込まなくてはいけません。それはビタミンB群、なかでもビタミンB2とビタミンB6は、タンパク質とともに摂取すると効果があるといわれています。
ビタミンB2はレバーや納豆、ビタミンB6はレバーのほかにニンニクなどにも含まれています。
さらに、ごはんやパンに含まれる糖質は、タンパク質を吸収しやすくしてくれます。カルシウムとマグネシウムも、タンパク質の働きを活性化するといわれており、こうした食品をバランスよく食べることが大切です。

正しいスキンケア

お肌を大切にするためのスキンケアが、逆に肌荒れを引き起こしてしまうとは、なんとも悲しいお話です。
しかし、正しいスキンケアを行えば問題はありません。
まずは自分に合ったスキンケア商品を選ぶこと。そして、正しいスキンケアの方法を学ぶことが重要です。
とはいえ、お店に売っている商品のなかから、いきなり自分に合ったものを探すのは難しいでしょう。すると、いくつもの商品を試しに使ってみるしかありませんが、それではお金も時間もかかります。スキンケアの方法も同様です。

スキンケア

ちなみに私も以前は超~乾燥肌で悩んでいましたが、正しい洗顔方法や化粧品の選び方をマスターしたおかげで、今では乾燥肌に悩まされることがなくなりました。
同じ悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。
人それぞれに異なるスキンケア用品からベストのものを選び、かつ自身では難しいマッサージで、女性のお肌を守ります。
まだまだ寒さが続く2017年春、乾燥肌対策を万全にしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。