体質改善

秋の汗で悩んでいませんか? 夏が終わっても汗の量が多い4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏の暑さが少し和らぎ秋に近づいて来ると、心身共に一息つくことができるでしょう。

油断していると体調も崩しがちになる季節ですが、涼しくなったのに汗の量が多いと悩んでいる人はいませんか?
特に、脇や頭皮といった部位で汗をかくと感じる人が多いようです。

では、なぜ秋になって頭皮や脇を中心に汗の量が多くなるのでしょうか?
原因と手軽に実践できる対策を紹介します。

秋 汗 多い

秋になっても汗の量が多い! その原因は?

秋になってから汗の量が多く、臭いも気になり始めるという人が増えています。

汗といえば、暑い真夏にかくイメージがありますが、秋こそ汗の量が多くなりがちなので対策が必要です。
秋になっても汗の量が多い原因としては、以下の点が挙げられます。

  • 汗の質が変わる
  • 汗腺の働きが鈍くなってしまう
  • 服装によって汗の量が増えてしまう
  • 頭皮の汗は毛穴の数の多さが関係している

汗の質が変わる

秋になると、夏のようにダラダラと汗が流れることは少なくなります。
その関係で、汗の質が変わっていきます。

たくさんかいた汗であればサラサラとしていて、嫌な臭いはあまりありません。
しかし、秋になると汗の質が変化する関係で、臭いや量が気になるようになるのです。

汗腺の働きが鈍くなってしまう

秋になると、汗腺の働きが鈍くなりつつあります。

徐々に汗をかく機会が少なくなる関係で、汗腺の働きは鈍くなっていきます。
その結果、急に汗をかいたり臭いが強くなったりといった変化を感じることがあります。

服装によって汗の量が増えてしまう

秋になると朝晩が涼しくなる関係で、長袖や羽織りものなどを活用するようになります。

しかし、日中は暑くて汗をかくことがあります。
ここから、衣類に汗が染み込んで臭いが気になったり、汗ジミが大きく出来てしまいます。

秋になって汗の量が増えるのは、服装による変化も関係していたのです。

頭皮の汗は毛穴の数の多さが関係している

女性 汗 頭皮

秋に感じる大量の汗、脇だけでなく頭皮でその症状を感じるケースも多いようです。

頭皮にはたくさんの毛穴が密集しており、その毛穴の中にはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺も存在しています。

汗腺は体温調節を行うという重要な役割も持っており、汗を出すことでコントロールしています。
そのため、頭皮は汗をかきやすい部位と言えるのです。

さらに、秋や冬は夏とは違う暖を取れる帽子をかぶることもあり、頭がムレやすくもなります。
意外と汗をかいている場所であり、毎日きれいに洗ってケアをしておかないと臭いも発生するようになるのです。

秋の汗の悩み、どのような対策を始めればよい?

秋ならではの汗の悩み、やっと夏から開放されたという思いの中で、新たに出てきてしまうトラブルです。
そこで、日常生活で手軽に実践できる対策を試してみましょう。

  • 水分はこまめに摂取しよう
  • 積極的に汗をかくことも大切
  • 汗の臭いが気になるときは食べ物にも注意しよう
  • 汗対策におすすめのグッズを活用しよう
  • 頭皮ケアを始めて環境を整えよう

水分はこまめに摂取しよう

だんだんと涼しくなってくる関係で、水分を摂取する回数が少なくなってきませんか?

水分の摂取量が少ないと、汗の量だけでなく臭いも強くしてしまうので注意が必要です。
そのため、秋、冬と季節が変わっていく中でも水分補給はこまめに行うようにしたいですね。

女性 汗 水分

積極的に汗をかくことも大切

秋になると、運動がしやすい季節になります。
しかし、冬に近づくにつれて、また活動量は減っていくので、秋のうちにしっかり体を動かして汗をかくことが大切です。

汗の量や臭いが気になるときは、意識して運動をすることでたくさん汗をかいておきましょう。

汗の臭いが気になるときは食べ物にも注意しよう

食欲の秋とも言われるほど、秋になると美味しいものがたくさん登場します。
旬の素材もたくさんあり、刺激物や油物などは、嫌な汗をかいてしまうので、汗の量だけでなく臭いが気になってしまうことが多いですよね。

アルコールや油物の過剰摂取は控えて、食事内容を見直すことで汗の量が落ち着き、臭いも改善されていくでしょう。

女性 汗 食事

汗対策におすすめのグッズを活用しよう

秋になっても汗をたくさんかく、服装によっては汗ジミが目立ってしまうので困るという悩みを抱えている人は、汗対策に効果が期待できるグッズを活用してみましょう。

直接脇部分にシートを貼り付けて汗ジミを予防する商品や、インナーに汗取りの機能が備わっているものもあります。
定番にはなりますが、制汗剤を夏に引き続き秋も使用することで、脇汗の量を抑えることができるでしょう。

頭皮の汗を抑えるグッズというものはあまり存在しないので、毎日きれいに洗って、汗をかいたらこまめに拭くといった基本的なことを徹底する必要があります。

頭皮ケアを始めて環境を整えよう

秋は夏からの状態が続いている関係で、頭皮環境が悪化しやすくなり、汗の量で悩むことがあります。
そこで、秋からは頭皮ケアも始めながら、頭皮環境を整えていくように心がけましょう。

1日の終わりにシャンプーで丁寧に頭皮を洗うだけでなく、頭皮マッサージをして血行促進を図ることで、汗の臭いや量をコントロールすることができます。
清潔を心がけながら頭皮をいたわるケアを行うのがポイントです。

女性 頭皮 ケア

頭皮から大量の汗をかくと、髪の毛がべったりと濡れたように見えてしまうため、周りに悪い印象を与えてしまいます。
そこで、頭皮用のタオルを常備しておき、こまめに拭き取るようにしましょう。

大量の汗をそのまま放置していると、臭いを強めることにもなるので早めのケアが大切です。
そして、頭皮ケアがしやすいように髪をこまめにカットする、思い切ってショートヘアにするなどのイメチェンもおすすめです。

まとめ

夏が終わっても汗をたくさんかく、汗の量だけではなく臭いも気になるという場合は、秋の過ごし方と汗の特徴を押さえておきましょう。
その上で、脇汗と頭皮の汗対策を始めていきたいですね。

特に、汗の量や臭いは、女性にとってはつらい問題です。
職場で人と接する際にも気になりますし、服装を考えなければいけないためファッションを思うように楽しめないという問題点も出てきます。

そのような悪循環から開放されるためにも、秋に汗が多くなる理由を知って正しく対処しましょう。
秋の汗対策は冬にもつながるので、夏の終わりが近づいてきたら準備を始めておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。