ダイエット

小顔になりたい! 顔のむくみ解消・脂肪燃焼のための3大ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性が一番気になる部位って、一体どこでしょう?
バスト、腰のくびれ、二の腕、太もも……どの部位も、少しでもたるんだり、お肉がついていたりすると気になってしまいますよね。
もうひとつ、女性が顔について最も気になっているのは「小顔」。若い女性に人気のモデルさんたちに共通しているのは、みんな小顔です。
そのため「○○さんみたいな小顔になりたい」と、日頃から思っている女性も多いはず。
でも、そもそも小顔って一体どういうものなのでしょうか。

顔のたるみ

そもそも「小顔」って何?

「黄金比」という言葉を知っていますか?
これは古代より伝えられる「最も美しいバランス(比率)」のことで、人体にも黄金比というものがあります。
特に顔のサイズについて最も美しい比率は、「1:7」といわれています。顔が1、首から下が7です。この比率が「八頭身」という言葉の由来にもなっているのです。
誰もが気になる顔の比率。顔の割合が小さくなればなるほど「小顔」と呼ばれるわけですが、かといって誰もがすぐ小顔になれるわけではありません。

そもそも人の顔の大きさは、骨格によって決まります。それでも自分の顔を小さくしたい場合は、骨格の矯正や美容整形手術などが必要になるでしょう。
反対に、「小顔に見えるテクニック」というのもあります。それは、顔が小さく見えるヘアスタイルやファッションなどといったものですが、比較的手軽にできるものです。
その一方で、「顔が大きく見えてしまう」原因があります。本来は小顔なのに、なぜか顔が大きく見える、あるいは実際に大きくなっているような……。
実は、一般的に「小顔になるための方法」とは、この「顔が大きく見えてしまう」という原因を解消する方法のことをいいます。
そこで、なぜ顔が大きく見えてしまうのか、その原因をご説明しましょう。

顔が大きく見えてしまう理由とは?

もともと大きくない顔が大きく見えてしまう要因には、主に次の3つがあります。

  • 顔のたるみ
  • 顔のむくみ
  • 顔の脂肪

顔のたるみ

顔に限ったことではありませんが、人の体は年齢を重ねるにつれ、皮膚がたるんできます。顔のたるみとは、主に目の下や頬の皮膚がたるんだ状態のことをいいます。
顔のたるみが起こると、顔が大きく見えるだけでなく、実年齢よりも老けて見えてしまうのは、女性にとって最大の悩みではないでしょうか。
なかでも加齢によって、次の要因が引き起こされ、顔の皮膚がたるむといわれています。

  • 顔の筋肉の衰え
  • 肌弾力の衰え
  • 水分が失われる

顔の筋肉の衰え

顔の内部にある筋肉が衰えると、その上にある脂肪や、顔の表面の皮膚を支えられなくなってしまいます。また、筋肉の衰えによって顔全体に血液や栄養が行き渡らなくなってしまうこともあります。

肌弾力の衰え

肌の弾力を支える成分、コラーゲンやヒアルロン酸などが不足すると、顔のたるみが起こります。特に紫外線はコラーゲン、ヒアルロン酸を作る細胞にダメージを与えるため、紫外線を浴びすぎるのは禁物です。

水分が失われる

肌弾力の衰えにもつながりますが、紫外線によって顔の水分が不足すると、皮膚がたるんできます。キレイなお肌を保つための方法として、水分補給や保湿が挙げられるのは、こうした理由があるからです。

顔のむくみ

起きたとき、「顔がむくんでいる……」と感じることが多い人いませんか?
そのむくみは、顔に通常時よりも余分な水分がたまっていることから起こります。この余分な水分をリンパ(リンパ液)といい、リンパがたまったり、流れが滞ると冷え性やむくみの原因となってしまうのです。特に、前の晩にアルコールを摂取しすぎると、翌朝は顔がむくんでいることも多いはず。アルコールが体の血管を広げると、リンパの流れが滞ってしまうからです。

顔の脂肪

まさに、顔に脂肪がついた=太ってしまったことで、顔が大きく見えるようになります。
「二重あご」に代表されるように、顔の頬やあごの部分は脂肪がたまりやすい箇所ですよね。
最大の悩みは、顔の脂肪はつきやすいのに、落ちにくいこと。どうすれば「小顔ダイエット」は実現するのでしょうか……。

小顔ダイエットの3大ポイント

多くの女性が憧れる小顔。では小顔になる、顔が大きく見えなくなるための方法をご紹介します。

  • リンパの流れを整える
  • 脂肪を燃焼させる
  • 顔に筋肉(ハリ)を取り戻す

リンパの流れを整える

顔がむくんでしまう理由のひとつは、顔に余分な水分がたまっている=リンパの流れが滞っていることです。そこで、顔をマッサージすることで、リンパの流れを整えましょう。
リンパマッサージを行う箇所は、主に目のまわり、額、鼻・あごもふくめた口のまわりはもちろん、フェイスラインから首・鎖骨のリンパ節に流してあげると、より効果が出ます。

脂肪を燃焼させる

「マッサージダイエット」という言葉があるほど、体を揉みほぐすことで脂肪は燃焼され、体のむくみは取れていきます。それは顔の脂肪についても同じです。
また、皮下脂肪は生活習慣を改善することで、落ちやすくなります。今、睡眠不足に陥っていませんか? バランスの良い食事を摂っていますか? 生活習慣の改善は小顔への第一歩です。

顔に筋肉(ハリ)を取り戻す

ひとつ注意しておきたいのは、脂肪を落とすだけで小顔になるわけではありません。正確にいえば、脂肪を落として小顔になっても、また顔に脂肪がつく可能性があります。
そうならないためにも、顔に筋肉をつけたり、肌弾力(ハリ)を取り戻す必要があります。フェイシャルマッサージは、顔に刺激を与えることで、脂肪を燃焼させるだけでなく筋肉もつくようになります。そうして取り戻した筋肉や弾力が、皮膚を支えてくれるのです。

顔マッサージ

エナジーテラピーには小顔効果もあります

セラピストのオールハンドマッサージとともに、特殊な装置から流れる微弱電流を体に通すエナジーテラピーには小顔効果もあります。
また、リンパの流れを整えるマッサージには、注意しておきたい点があります。
マッサージする方向を間違えると、逆にリンパの流れを滞らせてしまうこともあるのです。
小顔になりたい! 顔のたるみやむくみを取りたい! そんな女性の希望を、プロのエステシャンが叶えます。ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。