自律神経

質の良い睡眠をとらないとどうなる? 2つのリスクと4つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

質の良い睡眠は、私たちが健康を維持する上で欠かせない要素です。

睡眠不足に陥ることで感じる不調も多々あり、毎日しっかりと睡眠は取るようにしたいですよね。
そこで、女性の睡眠に注目してみましょう。

子育てをしながら働く女性も多く、質の良い睡眠が必要になっています。
その理由と具体的な方法について解説します。

睡眠 質 睡眠不足

女性にとって質の良い睡眠が必要な理由

共働きで育児をしながら毎日慌ただしく過ごしている女性が、現代ではかなり増えています。

昼間は会社でバリバリ働き、夕方には子どものお迎えに行き、家事や掃除などと、毎日があっという間に過ぎていっているでしょう。
その中で、睡眠不足に陥っている女性も多いようです。

食事の作り置きをしておいたり、子どもを寝かしてから家事を急いでしたり・・・、世の中の共働きのお母さんは本当に大変です。

このような生活を続けていると起きてしまう睡眠不足、少しでも早く解消していきたいですよね。

女性は男性よりも睡眠が必要とされており、脳を広範囲に使っていることも関係しています。
睡眠を取る目的は主に疲労回復ですが、女性の場合はその他にも必要な理由が挙げられます。
その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 成長ホルモンや女性ホルモンの分泌に睡眠は欠かせない
  • 睡眠不足はガンや肥満のリスクを高める

成長ホルモンや女性ホルモンの分泌に睡眠は欠かせない

しっかり睡眠を取っておくと体が成長し、お肌の調子も整うといいます。

実際に私たちが眠っている間、成長ホルモンは分泌されています。
特に、ゴールデンタイムと言われる夜10時~2時の間にぐっすり眠っていると、体の疲労はすっきり取れて健康的になります。

さらに、女性にとって睡眠が必要と言われているのには、女性ホルモンの分泌も促進してくれるからです。

睡眠 質 女性ホルモン

毎日規則正しく眠って睡眠時間を確保することで、女性ホルモンの分泌も活発になります。
女性ホルモンの中でも女性を生き生きとさせてくれるエストロゲンが、質の良い睡眠を取ることで活発に分泌されるようになります。

その結果、美肌や女性らしい体を維持することができます。
いつまでも若々しく元気に過ごすためにも、質の良い睡眠は欠かせないのです。

睡眠不足はガンや肥満のリスクを高める

睡眠不足の状態が続いていると、ガンや肥満のリスクも高まります。

生活習慣病に含まれるガンは、全身どこに現れるかわかりません。
特に女性の場合は、子宮がんや乳がんなど女性特有のガンも存在するので注意が必要です。

さらに、睡眠不足によって太りやすい体質になってしまうといいます。
睡眠不足に陥ることで、食欲を増進させるグレリンというホルモンが増えてしまうからです。

その結果、つい食べ過ぎてしまうという事態も起こります。
ダイエットに励む女性も多い中で、睡眠不足から肥満を招くのも避けたいことですね。

睡眠不足からは単に体が疲れを感じるだけでなく、ガンや肥満のリスクも高めてしまうことを覚えておきましょう。

質の良い睡眠を取るための対策とは

日々忙しく活動している女性にとって、質の良い睡眠は欠かせません。
睡眠で疲労を取り除き、女性ホルモンを活発に分泌していくことでいつも元気に過ごせるようになります。

そこで、質の良い睡眠を取るために有効な対策についても知っておきましょう。
日常生活でちょっとしたことを意識するだけでも違うので、ぜひ試してみてください。

  • 夜にテレビやスマホ、パソコンの使用は控える
  • 毎朝朝日を浴びて体内時計を整えよう
  • カフェインやアルコールの摂取はほどほどに
  • 副交感神経を活発にするためにリラックスしよう

夜にテレビやスマホ、パソコンの使用は控える

夜、子どもたちを寝かせて仕事もひと段落したら、ゆっくりテレビをみよう、パソコンでインターネットをしようという人も多いでしょう。

特に寝る直前に、このような電子機器を見ていると、脳や体が覚醒してしまうので寝つきにくくなります。
使用するのは、寝る1時間前までにしておきましょう。

毎朝朝日を浴びて体内時計を整えよう

睡眠 朝 セラトニン

夜早めに寝ることは大切ですが、それと合わせて朝の過ごし方も重要です。

特に、朝日をしっかり浴びることが大切とされています。
朝日を浴びると目がすっきり覚めるだけでなく、メラトニンという睡眠に関わるホルモンの分泌を促すので、夜自然と眠たくなってきます。

睡眠のコントロールができるようになるので、朝目覚めたらまずはカーテンを開けることから始めましょう。

カフェインやアルコールの摂取はほどほどに

女性でコーヒーや紅茶が好き、ビールやワインが好きという女性も多いでしょう。

一日の終わりや休憩のときには美味しく感じられる飲み物ですが、これらにはカフェインやアルコールが含まれています。
そのため、過剰に摂取すると夜に寝つきにくくなり、覚醒してしまいます。

質の良い睡眠を取るはずが正反対となってしまうので、カフェインやアルコールの摂取はほどほどにしておきましょう。

睡眠 質 アルコール カフェイン

副交感神経を活発にするためにリラックスしよう

質の良い眠りに導くためには、夜の時間をリラックスして過ごすことが大切です。
共働きの女性はなかなかゆっくりできない時間を過ごしていると思いますが、副交感神経を活発にできるよう、リラックスできることを実践してみましょう。

たとえば

  • お風呂はゆっくりと入る
  • 湯船に浸かって1日の疲れを癒す
  • 温かい飲み物を飲んでリラックスする
  • ホットアイマスクを目に当てて気持ちを落ち着かせる

などの方法を試してみてください。
足湯をしながらゆったりと過ごすといった方法もおすすめです。

また、体に程よい刺激を感じられるマッサージグッズも、コリや疲れをほぐして質の良い眠りにつながります。

まとめ

共働きで育児と家事、仕事と日々忙しく過ごしている女性が増えています。
その中で、睡眠不足になっている女性も多いでしょう。人によって適した睡眠時間は異なるものの、1日の疲れを取り除くためにはある程度まとまった睡眠が必要です。

睡眠不足が続くとホルモンバランスが崩れて肌荒れを招いたり、肥満やガンのリスクも高めることになるので、早めの対策を取りましょう。

睡眠 質 高い

少しでも質の良い睡眠を取れるように、リラックスできる時間を確保し、規則正しい生活を送るようにしましょう。

夜の電子機器の使用時間を少し減らすだけでも質の良い睡眠につながるので、ぜひ実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。