冷え対策

暑いのになぜ冷える!? 夏の冷え・むくみ対策4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真夏の暑さで、疲労が蓄積しているという人も多いでしょう。
猛暑という言葉をよく目にするようになり、「冷房の利いた部屋から出られない」「冷たいものばかり摂取している」という日が続くようになります。

とはいえ、適度な暑さ対策は体にとって欠かせませんが、冷やしすぎると体には、冷えやむくみといった症状が現れます。
暑くても冷えは起きていると理解し、適切に対処していきましょう。

夏の冷え むくみ

暑いのに冷えるのはなぜ?

なぜ夏はとても暑いのに体は冷えるのでしょうか? その原因をご紹介しましょう。

  • 冷房の利いた部屋で過ごすことが増えるから
  • 冷たい食べ物や飲み物

冷房の利いた部屋で過ごすことが増えるから

夏、外の気温に耐えられず、室内では冷房が利いた部屋で過ごすことが多いですよね。
夜間の睡眠中も付けっぱなし、朝起きたらすぐに冷房のスイッチを入れるといったように、冷房なしでは過ごせない体になっていきます。

夏 冷え 冷房 クーラー

冷房の利いた部屋は快適に過ごせるように感じますが、外との気温差が激しいと体には疲労も蓄積されていきます。
また、クールビズの影響もあり、涼しい部屋でも薄着で過ごす機会が増えたため、ますます体が冷えている人が増えていると考えられます。

服装の変化や冷房の使用頻度などから、夏の体はすっかり冷えてしまっている可能性もあるのです。

冷たい食べ物や飲み物

夏は暑くて、ついつい冷たい食べ物や飲み物ばかり摂取してしまいます。
飲み物は冷蔵庫で冷やした上に氷を入れるということもありますし、そうめんや冷やし中華、サラダなど冷たいメニューを選びがちになります。

夏 冷え 食べ物

このような日々の食べ物や飲み物から内臓を冷やしてしまうため、胃腸の冷えも招きます。
体の内側から冷えていくことで血行が悪くなり、「暑い夏なのに手足は冷たい」「足がむくんでパンパンになる」などの不調を感じるようになるのです。

夏の冷え・むくみ対策におすすめの方法

夏は厳しい暑さが続く一方で、体は冷えていくという悪循環に陥りやすいですよね。
そこで、夏の冷えやむくみ対策として、日々手軽に実践できる方法を試してみましょう。
毎日の習慣にすることで、夏場に感じやすい不調からも開放されます。

  • 夏こそしっかり湯船に浸かろう
  • 食べ物や飲み物は常温か温かい状態で
  • 普段の服装にも気を付けよう
  • 適度な運動も加えて体を温めよう

夏こそしっかり湯船に浸かろう

夏、湯船に浸かることすら暑くて耐えられないという人が多いと思います。
でも、夏こそ湯船に少しでも長く浸かって、全身の血行を良くしましょう。

夏 冷え対策 お風呂

お風呂に炭酸入浴剤を入れるのもおすすめです。体が芯から温まり、夏特有の冷えやむくみを感じにくくなります。
ぬるめのお湯に20分ほど浸かるだけでも、体がじんわりと温まってきて冷えを取り除いてくれます。
体を温めておくと、その後の睡眠の質を高めることもできるでしょう。

食べ物や飲み物は常温か温かい状態で

夏は、冷たい食べ物や飲み物を摂取したくなります。
しかし、体を冷やすことになるので、できるだけ常温か温かいものを摂取するようにしましょう。

たとえば

  • お茶は常温にする
  • 冷房の利いた部屋ではホットの飲み物を飲むようにする

などの調整を行うと、体の冷えを予防できます。

夏 飲み物 ホット 常温

また、食べ物に関しては、たまには冷たいものを食べても大丈夫ですが、体を温める食材に注目して料理を作ると冷えやむくみ対策になります。
特に、夏場でも根菜類はメニューに取り入れるとよいでしょう。
ニンジンやごぼう、大根などを使った煮物などは冷えても美味しいので、常備しておくと夏の冷え対策に活用できます。

普段の服装にも気を付けよう

夏場は少しでも涼しく、開放的な服を着たいと思う人がほとんどでしょう。
裸足にサンダル、長い丈のパンツよりは短め、半袖やノースリーブで快適に過ごしたいと思うはずです。

ところが、確かに外は暑いのでこのような服装が快適ですが、冷房の利いた部屋でも同じ格好では体を冷やしてしまいます。

そこで、冷房の利いた部屋にいることが多い人は、靴下は必ず履くようにし、半袖などの上に羽織ることができるカーディガンなどを常備するようにしましょう。

夏 冷え対策 服装

そして、冷房の風が直接当たらない場所で過ごすのもポイントです。暑い夏ですが体は冷えやすいので、日々のちょっとしたポイントを押さえておくと不調に悩まずに済みます。

また、インナーの丈を長めにすると腰を冷やさずに済みます。
インナーすら着ていないという人もいるかもしれませんが、冷え対策として毎日身に付けるようにしましょう。
腰と同時にお腹も温めることができるので、丈が長めのインナーは夏こそ活用したいですね。

適度な運動も加えて体を温めよう

夏、外で活発に体を動かすのは熱中症を招くことになるのでおすすめできません。
室内でできるストレッチやヨガを積極的にやってみましょう。

適度に体を動かしておくと、全身の血行促進につながるので冷えやむくみに悩むことも少なくなります。

  • 朝の涼しい時間帯に少し散歩をしてみる
  • 寝る前にストレッチを習慣にする
  • ヨガを習ってみる

など、暑い夏でも工夫することで適度な運動が実践できます。

夏 冷え対策 運動

冬だけでなく夏も運動不足に陥る人が増えているので、冷え対策のためにも小さな運動から始めてみてください。
そして、体を動かした後はゆっくり湯船に浸かると、その日の疲れを取り除くことができます。
夏バテにならないように規則正しい生活を送りながら、軽い運動も取り入れられると良いでしょう。

このように、夏の冷え・むくみ対策は、日常生活の中で小さなことに注意していくだけでも改善されるようになります。

夏の冷えこそ基本的な対策を実践しましょう

夏は暑いのに冷えるという事態が起こりやすい季節です。

冷えやむくみといった症状を具体的に感じている場合は、今の生活の中で体を冷やす原因となっているものを見つけましょう。
そして、湯船に浸かる、食事内容を見直す、夏場の服装に気をつけるといった基本的な対策を実践しながら、体の冷えを取り除いていきましょう。

冷えはさまざまな病気の引き金にもなります。
夏こそ冷えとしっかり向き合って、体調を崩さないよう気をつけましょう。

そして、疲れを感じる時には早めに寝るのもおすすめです。
しっかり体力を回復させて、暑い夏を元気に乗り越えられるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。