ダイエット

夏に太りやすい部位ベスト5を発表! 効果的なダイエット法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏、薄着になると気になるのが、体についてしまった脂肪ですよね。
「もっと早くダイエットを始めておけばよかった・・・」と後悔する人もいることでしょう。

しかし、夏本番も太る可能性は大いにあり、太りやすい部位によって脂肪の付き方が変わってきます。
そこで夏に太りやすい部位ベスト5を発表! さらに効率よく脂肪を落とせるダイエット法をご説明します。

夏 ダイエット

夏に太りやすい部位ベスト5

夏に太りやすい部位は、全身の中でもよく見える箇所に集中しています。
一番太りやすいのはどの部位でしょうか?

1位 お腹

夏 ダイエット お腹

夏に太りやすい部位として、堂々の1位に輝くのは「お腹」です。
「お腹周りの脂肪をなんとかしたい」と考えている人も多いでえすよね。

夏は水分を多く摂取するため、水太りになりやすい季節。
さらに、冷たいものを食べる機会が増えることから、体を温めようとして脂肪がつきやすくなります。

2位 ふくらはぎ

夏 ダイエット ふくらはぎ

お腹の次に太りやすいのは、「ふくらはぎ」です。
ふくらはぎといえば、1日歩き疲れて足がパンパンという状態を感じたことのある人は多いでしょう。
ふくらはぎは水分が溜まりやすくむくみ太りしやすい部位です。

夏にふくらはぎが太る原因は、むくみから来ています。
ふくらはぎは体の中でも下のほうに位置しているため、重力の影響なども受けてむくみやすくなります。

このむくみが解消されることなく蓄積されていってしまうことで、ふくらはぎが太ってしまいます。
夏は冷たいものや水分を摂取する機会が増えるため、ますますむくみを招きやすいのです。

3位 太もも

夏 ダイエット 太もも

夏に太りやすい部位として、太ももが挙げられます。
ふくらはぎが太りやすい部位である理由と同じく、長時間冷房に当たるなどで太ももが冷たくなることもあります。
冷えた脂肪は分解しにくくなるため、太ももが太ってしまうのです。

4位 二の腕

夏 ダイエット 二の腕

二の腕は、半袖を着た時によく見える部位なので、夏になってから焦るという人も多いはず。
この二の腕が太る原因としては、脂肪やセルライトの蓄積、たるんだ皮膚が考えられます。

夏は運動から遠ざかった生活を送るため、脂肪やセルライトが溜まりやすいですね。
気づけば二の腕がたぷたぷ揺れている・・・なんてことになりかねません。

5位 顔

夏 ダイエット 顔

夏は髪を上げてアップにすることも多いですが、そうなると目立つのが顔です。
「気がついたら顔に脂肪がついていた」「どうにかして小顔になりたい」と願う人は多いでしょう。

顔が太ってしまう原因としては、むくみが挙げられます。顔は太ももやふくらはぎと同様、むくみやすい箇所なのです。

これは、顔に老廃物が溜まっている証拠でもあります。
老廃物が蓄積されてむくみとなる前に、顔の筋肉を鍛えるエクササイズをするとフェイスラインがすっきりしてきます。
原因を知って正しく対処しましょう。

夏に効果が実感できるダイエット法は?

夏に太りやすい部位がわかったところで、続いて夏に効果を実感しやすいおすすめのダイエット法をご紹介しましょう。

  • 夕飯の前にトマトジュースを飲もう
  • テニスボールで気になる部位をコロコロ
  • 暑い時は室内プールで快適に体を動かそう

夕飯の前にトマトジュースを飲もう

夏の暑い時に激しい運動や食事制限はを行うのは、つらいものがあります。
そこで“簡単だけど効果がある”ダイエット法の中でもおすすめなのが、夕飯の前にトマトジュースを飲むというものです。

トマトジュースをはじめとした野菜ジュースを食前に飲むことで、食後の血糖値の上昇が緩やかになることが、最近の研究で明らかになりました。
食前だけでなく、食事中も同じくらいの効果が期待できると言います。

野菜ジュース全般が血糖値に関しては同じような効果が期待できるのですが、野菜ジュースではなくトマトジュースにすることでリコピンによるダイエット効果も得られるでしょう。

テニスボールで気になる部位をコロコロ

エクササイズやストレッチに利用できるグッズにはさまざまなものがありますが、身近にあるテニスボールでもスリムな体型をゲットできます。
やり方はとても簡単、脂肪の気になる部位にテニスボールを当ててコロコロ転がすだけです。

体の上でテニスボールを転がすと、筋肉をほぐすことができるので代謝アップにつながります。
太ももやふくらはぎ、お腹、二の腕など、夏に気になる部位に当てて転がしてみましょう。
テレビを見ながらでもできる方法なので、毎日日課にすることで徐々に脂肪が取れていくはずです。

暑い時は室内プールで快適に体を動かそう

夏、外で運動をするのはためらってしまうでしょう。
体力の消耗が激しく、熱中症のリスクも出てくるため、夏場に外で体を動かすのはおすすめできません。
そんな時にぴったりなのが、プールでの水泳です。

室内プールだと外の暑さを感じることなく、快適に泳ぐことができます。
水に入っているので、汗がべたつくということもありません。

夏 ダイエット プール

さらに、クロールや平泳ぎなどをするとよりカロリーは消費できますが、水の中を歩いているだけでも十分な運動量です。
プールから上がった頃には、疲れを感じていることでしょう。

夏にどんな運動がよいかわからないと悩んでいる人は、プールで快適に体を動かしてみましょう。
気分もさっぱりするので、夏のプールはおすすめです。

夏は外が暑い分、室内で快適に実践できるダイエット法や簡単なものを試すと効果を実感しやすいです。

夏のダイエット法は興味のあるものから取り組みましょう

夏は、体の中でも太りやすい部位が決まってきます。
薄着になることで余計に目立ってしまうように感じられる、二の腕やふくらはぎ、お腹などは、暑さに負けずに快適にできるダイエット法で脂肪を燃焼していきましょう。

ご紹介した、食前のトマトジュース、テニスボールころころ、水泳といったダイエット法は、無理なく続けられるものです。
気がついたら習慣になっていた、いつの間にか体重が減っていたといった効果を実感しやすいので、ぜひ夏太り解消のために実践してみてください。

まずは、興味のあるダイエット法から試してみましょう。
その後、食事内容にも気をつけながら過ごすことで、スリムな体をゲットできるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。