自律神経

自律神経のバランスが乱れたらどうなる? この兆候が現れたら注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自律神経に乱れが生じていると、体にはさまざまな不調が現れると言います。
しかし、ひとくちに不調と言っても、具体的にはどのようなものが挙げられるのかわからない、という人も多いでしょう。

そこで「自律神経の影響かも?」と自分で気づけるように、兆候を知っておきましょう。

自律神経 体調不良 兆候

自律神経が乱れると、どんな兆候が現れる?

脳から全身にかけて枝分かれしている自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

緊張状態の際に働くのが交感神経であり、リラックスしている時に優位になるのが副交感神経です。
自律神経は食べ物の消化や体温調節など、私たちが生きていく上で不可欠な部分を担っている存在でもあります。

このように私たちの体にとってとても大切な自律神経は、日々の生活の影響を受けて乱れてしまうこともあります。
自律神経のバランスが乱れると、体調面で不調を感じるようにもなります。
では、具体的にはどのような兆候が現れるのでしょうか?

  • めまいや動悸、頭痛、発汗、貧血といった自律神経失調症の兆候
  • 神経性胃炎
  • 過敏性腸症候群

めまいや動悸、頭痛、発汗、貧血といった自律神経失調症の兆候

自律神経が乱れを起こすことで、私たちの体にはさまざまな不調が現れます。

「自律神経失調症」の症状と思われるものを感じる人が増えています。
めまいや動悸、頭痛、発汗、貧血といったように、自律神経の乱れによって不調を感じるようになるのです。

心と体に不安や緊張している状態が続き、ストレスや疲れを溜めたままでいるときに、上のような症状を感じることがあります。
どの症状が現れるかは人によって異なりますが、体のだるさや疲れから、いくつかの不調を感じるようになったら、自律神経が乱れを起こしているかもしれません。

急にふらついて倒れそうになったり、頭痛がしたり、暑くもないのにいきなり汗をかいたりといった異変を感じたら、無理をせずゆっくり休みましょう。

神経性胃炎

自律神経に乱れが生じることで、神経性胃炎という病気にかかる確率も高まります。
ストレスや過労など精神的なものにより自律神経が乱れを起こし、胃酸が過剰に分泌されてしまうという病気です。

自律神経 原因 胃炎

のどがつかえるような感じがしたり、胸焼け、胃もたれを感じたら神経性胃炎の可能性が高いでしょう。
このような症状を感じたら、早めに病院で診てもらってください。

過敏性腸症候群

胃炎に引き続き、過敏性腸症候群も自律神経の乱れによって起きやすい病気の1つです。

腸の蠕動運動にトラブルが生じ、腹痛や下痢、便秘といったお腹の不調が続きます。
症状が落ち着くまで心が休まることがないため、仕事や外出中には不安な思いを抱えることになります。

自律神経の乱れから生じる不調は、さまざまな兆候が現れるため異変には気づきやすいでしょう。
いつもと違う不調を感じたら、「自律神経が乱れているサインかも……」と考え、適切に対処していくようにしたいですね。

日常生活で自律神経を整えられるように工夫する

自律神経に乱れが生じることで、体にはいろんな不調が現れます。
そこで、日常生活の中で自律神経を整えていけるよう、工夫して生活をしてみましょう。

  • 大きく深呼吸をしてみよう
  • たくさん笑おう
  • 生活は規則正しく、早寝早起きを心がけよう
  • 好きな音楽を聴いてリラックスする

大きく深呼吸をしてみよう

私たちは、普段意識せずに呼吸して生活をしていますが、大きく深呼吸をすることは少ないでしょう。
息を長く吐くように意識しながら深呼吸を行なうと、心が落ち着き、気分がすっきりします。

息を吐く時に長く時間をかけることで、交感神経から副交感神経の働きを優位にできます。
仕事や家事の合間の休憩タイムには、ぜひ深呼吸も取り入れてみてください。

たくさん笑おう

私たちの体は楽しい、面白いと思うと自然と笑うようになっています。
しかし、日々ストレスや疲れを溜めていると、笑う機会が少なくなり、交感神経ばかりが優位になってしまいます。

自律神経 バランス 笑う

そこで、日々の生活の中で笑う機会をたくさん作ってみましょう。友達とおしゃべりして笑うのも良いですし、お笑い番組を見て笑うのもよいですね。

笑う回数を増やすだけでも、自律神経による不調を回避することはできるのです。
笑うことが少ないという人は、日常生活の中に笑いを取り入れてみましょう。

生活は規則正しく、早寝早起きを心がけよう

自律神経を整えるための生活を送っていく上で欠かせなくなるのが、規則正しい生活。
そんな規則正しい生活の基本となるのが、早寝早起きです。

生活リズムが整っていないと自律神経もバランスを整えることができなくなってしまうため、早寝早起きを心がけて規則正しい生活を送りましょう。

夜更かしをやめて、早めに布団に入り眠りにつくことで朝早起きしやすくなるので、寝付く時間は毎日意識しておきたいですね。

好きな音楽を聴いてリラックスする

日々忙しく動いていると、のんびり過ごす時間が限られてしまいます。
ほっと一息つけるときには、自分が好きな音楽を聴いてみることで、自律神経による不調の予防になります。
好きな歌手の歌や音楽を聴いてリラックスできると、また頑張ろうという気持ちにもなれるでしょう。

オンとオフの切り替えをする際にも、好きな音楽を聴くのはおすすめです。

自律神経 リラックス 音楽

夜のんびり過ごしている時間に聴いてみたり、朝出勤しながら聴くなど、タイミングをみて聴いてみましょう。

このように、自律神経による不調の兆候を感じ取る前に、予防をしていくことも大切です。
日々緊張状態で忙しく働いている人が多いと思いますが、のんびり過ごす時間も作って適度に息抜きをしながら生活してみましょう。

無理せず休む時間を作りましょう!

自律神経の乱れによって、私たちの体にはめまいや頭痛、貧血、動悸、発汗などといった症状が現れる場合があります。
それらは体が疲れやストレスを溜めているサインとも言えるので、気になる兆候を感じたら、無理をせず休む時間を作りましょう。

そして、日々の生活の中で自律神経を整えていけるよう、工夫することも大切です。
規則正しい生活を心がけながら、リラックスできる時間も作って息抜きをしましょう。

睡眠をしっかりとって疲れを取り除いておくことも大事です。
毎日の生活の中で自律神経のバランスを整えていくことで、不調に悩まされることなく過ごせるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。