自律神経

冬の寒暖差が自律神経に影響を及ぼします! その理由と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬は他の季節と比べると、寒暖差が激しくなります。特に春が近づくと、より一層厳しさをまします。

寒暖差が激しくなると、体には疲労が蓄積されていきます。その疲労は自律神経にも影響すると考えられています。
自律神経のバランスが乱れると様々な体調不良を抱えるようになるので、冬の寒暖差に強い体作りをしていきたいですね。
ここでは、冬の寒暖差が自律神経にどのような影響を与えるのかご説明します。

自律神経に冬の寒暖差が与える影響とは?

冬の寒暖差、自律神経にはどう影響する?

私たちの体は常に一定の体温を保とうとして、自律神経が常に働いています。
しかし、寒暖差が激しくなる冬は、体を必死で守ろうとするので自律神経が一生懸命働くようになります。
その結果、必要以上にエネルギーを消費してしまいます。この流れから生じる疲れのことを「寒暖差疲労」とも言い、冬特有の症状となっています。

この寒暖差疲労がやってくると、体はだるさを感じてやる気がなくなったり、便秘や下痢を繰り返す、肩こりや頭痛、冷え、睡眠障害など様々な不調を引き起こします。
身体面と精神面の両方において、体に不調のサインが現れるのです。

このように、知らず知らずのうちに冬の寒暖差が私たちの体に影響を及ぼしています。
自律神経のバランスをきちんと保っていくには、冬の寒さから体を守る対策を取っていくべきでしょう。

冬の寒暖差はこんな対策を始めよう

冬の激しい寒暖差、ただでさえ体が疲労しているのに、それに加えて風邪やインフルエンザにかかるリスクも高まり免疫力の低下も感じるようになります。
そこで、冬の寒暖差を乗り越えるためには、こんな対策を始めてみましょう。

  • 体を温めることが何よりも大事
  • 多めの睡眠を取ろう
  • カルシウムを積極的に摂取しよう
  • 冷えない体作りも始めよう

体を温めることが何よりも大事

体が寒さを感じるため、疲労が蓄積され、自律神経にも乱れが生じます。
そこで、体を温めることが何よりも大事です。その温める部位や温め方も意識すると、より効率よく体の芯からぽかぽかになれます。

自律神経のバランスを整えるために目元から温めましょうまずは、目元、首元から温めてみましょう。

目元はホットアイマスクや蒸しタオルで温めると、じんわりと効いてきます。首元は首の後ろにカイロを貼る、首が冷えないような服装をすると温められます。

また、ゆっくりと湯船に浸かることで、全身を温めることが可能です。体を温めると血行が促進され、副交感神経が優位になるためリラックスできます。

その他には、普段からしっかり防寒して、体を温める食材を使った食事を心がけるとよいですね。
冬の旬のものを活用して食事を作ると、自然と体が温まり丈夫になります。

多めの睡眠を取ろう

冬はあったかい布団からなかなか抜け出せない時期でもありますが、いつもより多めの睡眠も心がけたいですね。

自律神経が乱れた場合は睡眠の質を高めてください寒暖差によって体の免疫力が下がりがちになるので、たっぷり睡眠を取って体を回復させましょう。
睡眠中は副交感神経が優位に働くので、疲れた体をしっかり癒してくれます。

この睡眠は、ただ長い時間眠るだけではいけません。“質の良い睡眠”を取らないと意味がないので、眠る環境作りにも気をつけましょう。

寝る前に温かい飲み物でリラックスする、寝室を適度な温度に温めておく、寝るときはできるだけ暗くして眠るなど、“質の良い睡眠”に導くためにできることを試してみましょう。

カルシウムを積極的に摂取しよう

カルシウムといえば骨を丈夫にするために摂取したほうがよいと言われる栄養素ですが、自律神経のバランスを改善する際にも摂取してください。

自律神経の改善にはカルシウムの世襲が効果的です自律神経が乱れるとイライラすることも多くなるので、そんなときは神経を安定させる役割のあるカルシウムを摂取しましょう。

カルシウムをしっかり吸収するためには、単にカルシウムが豊富な食材を食べるだけではなく、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDも忘れないように。

卵や肉類、野菜などをバランスよく食べることでビタミンDも摂取できるので、やはり食事の栄養バランスを意識して食べることが大切です。

冷えない体作りも始めよう

厳しい寒暖差から体が冷え切ってしまうのも、自律神経の乱れと関係しています。
そこで、冷えを取って体を温めることが大切。お風呂で体を温めてリラックスすることが大事と先に述べましたが、血行促進のあるものを食べて過ごしてみましょう。

たとえば、飲み物1つとっても、冷たいジュースや水ではなく、常温または温かい飲み物を選んでください。
血行促進と同時にリラックス効果も期待できる飲み物に、ハーブティーがあります。
ハーブティーにも種類があり、美容への嬉しい効果も期待できるので、ぜひ飲んでみましょう。飲みやすい味から挑戦するのもよいですね。

自律神経に効果的なショウガやお茶

また、食べ物においては、1日1度が生姜を使った食事を作ると決めて、体を温める食材を選ぶと効果が期待できます。
生姜は乾燥させることで冷えに効くとされているので、乾燥生姜を温かい飲み物や料理に加えて食べてみましょう。
冬だからこそ体を温める飲み物や食べ物に注目すると、寒暖差に打ち勝つ体作りができます。

寒暖差を乗り越えて冬を元気に過ごすには、自律神経の働きを安定化させるような生活を送ることが不可欠。
その自律神経のバランスを安定させるためには、日々の生活で注意すべきことがいくつかあります。
注意点に気をつけながら過ごすことで、体は寒さに負けないようになります。

冬の体調不良は自律神経の改善で乗り越える!

自律神経の乱れはさまざまな不調をきたすので、日常生活において快適に過ごしにくくなります。この自律神経の乱れは、冬の厳しい寒暖差による影響が大きいです。

そこで寒暖差を極力感じないような体作りをしていきましょう。自律神経のバランスが整うと寒い冬でも活発に健康的に過ごすことができます。

冬の不調を改善するためには、自律神経のバランスを制すること。今どんな不調が現れているか、自分の体で確認をして、生活を見直しましょう。

特に食事や服装、睡眠を改善すると、冷えを感じにくくなるので自律神経も整います。不調を少しでも和らげて快適に過ごせるようにさっそく対策を始めましょう。

さらに、ここで紹介した方法に加えて、運動も実践するとより体が温まって血行が促進されますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。