ダイエット

自律神経にも影響を及ぼす!? 冬にやってはいけないダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運動量が急に少なくなる冬は、ダイエットが思うようにいかないですよね。
冬は痩せにくい季節とも言われており、ダイエットをしている人にとっては難しい時期にもなります。
かといって、痩せにくくなる冬にサプリメントやプロテインの力を借りて体を変えていこうとする人もいますが、そればかりに頼るのもおすすめできません。
では、寒い季節のダイエットはどのように実践すればよいのか。“やってはいけない”方法を知った上で、正しいダイエットを行ってください。

痩せにくくなる冬に“やってはいけない”ダイエット

冬は外の気温が下がり寒くなる関係で、自律神経のバランスが乱れやすくなります。
緊張状態の交感神経が優位になるため、リラックスさせてくれる副交感神経の働きが鈍くなり、ダイエットも思うように進まなくなるのです。
一方、いくら運動やストレッチ、食事制限をしても効果が現れないからといって、サプリメントやプロテインを利用する人も増えますが、このサプリメントやプロテインも自律神経の乱れを起こす原因となります。
サプリメントに頼るのはNG!?今まで摂取したことのなかった成分をいきなり体の中に取り込むことになり、体はびっくりしてしまうためです。

また、痩せないという過度のストレスがかかることで女性ホルモンが影響を受け、これも自律神経にも関係してきます。その結果、全身に流れる血流が悪くなり、代謝が落ちて太りやすくなります。
つまり、自律神経の乱れはダイエットにも直接関係があるということですね。

冬になってサプリメントやプロテインを利用するという、今までとは違うダイエット法を実践することと、自律神経の乱れで代謝が落ちることが関係して、冬は痩せにくくなるのです。
そんな冬には、いきなり激しい運動やサプリメント、プロテインばかりに頼るダイエット法は危険です。まずは適度に体を動かして、食事や生活習慣に気をつけるといった基本を見直してみてください。

寒い冬におすすめのダイエット法

寒さが厳しくなる冬は体の活動量が低下する影響で、ダイエットにも支障が出ます。
ところがサプリメントやプロテインに頼るばかりで、生活を見直すことをしないと逆効果となってしまいますので、寒い冬におすすめのダイエット法や過ごし方を紹介しましょう。

  • 半身浴
  • 白湯ダイエット
  • カイロダイエット
  • 日々の過ごし方も意識しましょう

半身浴

半身浴寒い冬のダイエット法として、気軽に快適にできるのが半身浴です。夏は暑くて耐えられなかったという人も、寒い冬なら長くつかっていられるでしょう。

半身浴をするときは、お湯の量はみぞおちのあたりにまで来る程度にします。温度は38℃~40℃とぬるま湯にしましょう。そのお湯に20分はつかるようにします。

最初はお湯がぬるく感じますが、長くつかっていると体の芯から温まってきて、じんわりと汗をかくぐらいになります。
毎日半身浴を続けるだけでも、ダイエットの効果が出にくい冬に嬉しい結果を出してくれるでしょう。

白湯ダイエット

2014年ごろから、女優の深田恭子さんたちが実践し話題になった白湯ダイエットは、冬におすすめのダイエット法です。
白湯は水を一度沸騰させて50度くらいに冷ましたものですが、朝起きた時に飲むだけでダイエット効果があるとされています。
この朝に温かいものを飲んで体を温めることで代謝アップにつながるので、痩せやすくなります。

白湯にはデトックス効果もある冬は朝が暗く寒くて起きられないという人が多いと思います。これは体温が下がっているためです。

さらに、白湯にはデトックス効果もあると言われています。女性のなかには便秘に悩んでいる人も多いと思いますが、白湯を飲むことで胃腸の働きを強めて便秘解消ができます。
老廃物を溜めずに済むので、自然とダイエットにもつながるのです。

水を沸騰させてひと冷めしたものを飲むだけでいい白湯ダイエットであれば、比較的簡単に継続することができるでしょう。

カイロダイエット

使い捨てカイロカイロダイエットは体の冷えも取りながら痩せやすい体を作ってくれるので、女性にはぴったりの方法となっています。
方法はとても簡単。貼るカイロをお腹に貼るだけです。お腹に貼ることで内臓が温められ、体温が上がり痩せやすくなります。
女性は特に、寒い時にはカイロが手放せないという人も多いので、貼るタイプのカイロをお腹につけてみましょう。

日々の過ごし方も意識しましょう

寒い冬は日々の過ごし方も意識してみると、ダイエットが効率よく進められます。
たとえば、冬は寒いために肩に力が入ってつい猫背になっていることが多いですよね。しかし姿勢が悪いと胸が閉まるので、呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると血流が悪くなって代謝が落ちるため、太りやすくなるのです。
そこで、日々の姿勢にも注意してみてください。パソコンに向かっているとき、スマホをいじっているときなど、気がついたら前のめりになって肩に力が入っていることも多いはずです。
その際に意識して姿勢を正すだけでも、ダイエットにつながります。

また、ダイエット中というと、食べるものに気を遣う人が多いでしょう。確かに暴飲暴食はいけませんが、「食べない」というのもよくありません。
体の活動を活発にするためにも、朝食はしっかり摂りましょう。

朝食を摂りましょう

朝ごはんを食べることで体温が上昇し、お昼ご飯の食べ過ぎを予防してくれます。
もちろん、朝食を摂ると仕事や勉強もはかどり、体内リズムも整います。こうして自然と痩せやすい体に導いてくれます。

そして、ダイエットに良い食材というよりは体を温める食材を意識して食べるようにしましょう。
冬のダイエットを成功させるには、夏と同じような食事をしていては意味がありません。冬ならではの食材で体を温める働きのあるものに注目して、料理に活用しましょう。

効率のよいダイエット法とは・・・

寒い季節になると活動量が低下し、自律神経に乱れが生じる関係で痩せにくくなります。ダイエットをしている人にとっては、つらい季節がやってきたという感じもしますが、サプリメントやプロテインに頼るダイエットではなく、冬だからこそできる方法を試してみましょう。

そして、効率よくダイエットを進めるために欠かせないのが、体を温めることです。体を温めながら日々の生活の中でダイエットができるように意識してみましょう。
姿勢を正す、半身浴をするなど日常の中で実践できることがあるので、小さなことに注意しながら過ごしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。