ダイエット

ダイエットしたい! でも外に出たくない・・・冬に適した室内運動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日頃の運動不足は体によくない、何とかして改善していきたいと考えている人は多いでしょう。
しかし、寒さが一層厳しくなる冬は、外で体を動かすのはつらいものです。
そこで、室内でもできる、代謝を上げて体の機能を高めてくれる運動をやってみましょう。
あったかい部屋でできるので、寒い日も問題ありません。ここでは、代謝を上げてくれる、室内でできる運動を紹介します。

冬場のダイエットに室内運動は効果的です

夏バテならぬ冬バテによって自律神経は乱れてしまう

「夏バテ」は冷房のかかっている部屋と外の暑さとの差で体が疲れきってしまう状態ですが、「冬バテ」も存在します。
この冬バテでは、寒さと日々の忙しさなどからストレスが溜まっていき、自律神経の中でも交感神経ばかりが働くようになります。

結果、心が休まる時がなくなり、常に緊張状態で過ごすことになります。この状態から、体調面においてはイライラや疲労感、だるさ、風邪をひきやすいなどの不調が現れます。

体が寒さを感じることで筋肉が固まってしまい、全身の血管を収縮させてしまうのも冬バテの原因となっています。
様々な要因から、冬は自律神経のバランスが乱れやすくなり、冬バテ状態を招いてしまうのです。

室内でできて代謝を上げてくれる運動を紹介!

冬バテからの自律神経の乱れを防ぐために、代謝を上げてくれる運動をすると効果的です。
そこで、室内でできて自律神経を整えてくれる運動をご紹介します。
どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ毎日の運動として取り入れてみてください。

  • 踏み台昇降なら“ながら運動”ができる
  • エーツーエルボーなら立って腹筋ができる
  • もも上げで体を温めよう
  • ラジオ体操で全身元気に!

踏み台昇降ならながら運動ができる

踏み台昇降という運動、聞いたことはありますか?
とても簡単にできるのにダイエットとしての効果も期待できるという運動です。

  1. 膝の高さくらいの椅子や台を用意し、膝をしっかりと上げて台に上ります。
  2. 片足ずつゆっくりと降ろし、次は最初と反対側の足から上ります。
  3. これを交互左右順番に行って50回~100回を目標にしてみましょう。
踏み台昇降運動踏み台昇降運動

この踏み台昇降は自分のペースでできる運動です。
慣れるまでは太もものあたりが筋肉痛になりますが、慣れてくると冬に室内で手軽に体を動かせるのでおすすめです。

エーツーエルボーなら立って腹筋ができる

腹筋といえば仰向けになって行う運動で、運動初心者の人にとってはつらい内容でもあります。
そんな腹筋も立って行えば、何かをしながら手軽に続けることができます。
立って行う腹筋運動のことを「エーツーエルボー」といいます。以下の手順でやってみましょう。

  1. 足は肩幅くらいに開き、背筋を伸ばして立ちます。右肘と左ひざをくっつけるようにして引き寄せます。
  2. 最初の体勢に戻り、今度は反対側を行います。これを左右交互に繰り返して、ウエストがねじれているのを意識しながらやってみましょう。連続して30回ほど続けられるようにするのもポイントです。

この方法なら立って腹筋ができ、道具も何もいらないので時間を決めて実践できます。
冬太りでたるみがちなお腹も徐々に引き締まってきますよ。

もも上げで体を温めよう

ダイエットに効果的な室内運動・もも上げもも上げを室内で行うと、体全体がぽかぽかと温まってきます。

  1. 腕を前後に大きく振りながら、太ももを高く持ち上げます。そして、その場で足踏みをするだけという簡単な運動です。
  2. ももを上げる高さは床と平行か、それより高めにしましょう。少しキツいかなと感じるレベルで行うと、より体にとって運動になります。

このもも上げは、ペースを上げて行うというより、ゆっくりと確実に太ももを上げるといったイメージでやってみましょう。
連続100回~200回を目標にすると、軽く汗ばむほどになるので、室内でしっかり運動ができます。

ラジオ体操で全身元気に!

ラジオ体操といえば、夏の朝早く起きて行うイメージがありますが、冬もしてもらいたい運動です。
全身運動ができるので、冬場の室内で行う運動としてはぴったり。体をねじったりジャンプしたり、さまざまな動きをするので運動不足の解消にもつながります。

正しくラジオ体操を行うことで腸や呼吸器の働きも活性化させてくれるので、ぜひ朝夕の2回を目安にやってみましょう。
毎日続けることを目標に挑戦すると、徐々に体が丈夫になっていくのも実感できます。

冬は急に体を冷やさないことも大切

冬場は外が寒いので、室内でできる運動がおすすめです。どれも簡単にできる運動なので、思い立ったその日から実践できます。
ただし、体を温めた生活を送ることが何よりも大事ですが、外と室内との気温差が激しくなるので、急に体を冷やさないことも大切ですよ。

そこで、すぐ近場に行く際にもしっかりと防寒をして出かけましょう。

ダイエットのためになるのが意外なマフラー・手袋などの防寒具マフラーや帽子、手袋などを上手に利用して、寒さから体を守りたいですね。
上着を分厚いものにしたり、足元はブーツやあったかい靴下を履くなどの対策も必要です。

体が急に冷えると内臓機能も弱まり、自律神経も乱れやすくなります。そのためにも急な気温差で体がダメージを受けないように温かくして過ごしましょう。

また、1日出かけて帰ってきたら体は冷え切ってしまっています。そこで、お風呂ではシャワーだけで済まさずに、湯船にゆっくりと浸かって体を温めましょう。
あったかいお風呂に浸かると気分もリラックスできて、1日の疲れを癒すことができます。日替わりで入浴剤を入れて楽しむなどしても、疲れを癒すことができておすすめです。
いかに冬を快適に過ごすかが、体調維持には欠かせなくなります。

室内の運動で代謝を上げましょう!

冬は外での運動が続けにくい分、室内でできる運動がおすすめです。
簡単なもも上げや踏み台昇降などの運動をするだけでも体は温まり、代謝が上がります。代謝が上がると血行が促進され、自律神経の働きも安定します。

このような運動とプラスして、急に体を冷やさないように生活することも大切です。
防寒対策をきちんとして、1日の終わりにはあったかいお風呂に浸かってリラックスしましょう。
代謝が上がると病気にもなりにくくなるので、寒い冬を元気に過ごせるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。