ダイエット

辛いダイエットにさよなら!太らない食べ方をマスターしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットを始めてもなかなか続かない、つい甘いものを食べてしまう・・・など、ダイエットに関する悩みを抱えている人は多いでしょう。
食事制限をしても、結局反動で食べてしまうといったケースも起こりやすいです。
そんなときは、太らない食べ方を意識して、辛いダイエットにさよならしましょう。
食べる順番や時間帯などを意識するだけでも、無理なくダイエットできます。

痩せる食べ方01

太らない食べ方をマスターしよう!

快適かつ楽しくダイエットを続けるためには、食べ方が重要です。
太らない食べ方をマスターして、美しく痩せましょう。

ベジタブルファーストにしてみよう

痩せる食べ方04

毎日の食事で、食べる順番を意識することはとても重要です。
まず実践したいのが、ベジタブルファーストにすること。
野菜、タンパク質、脂質、糖質の順で、食べると良いです。
食べた順に消化・吸収が行なわれるため、野菜を先に食べておくと食物繊維のおかげで血糖値の急上昇を抑えることができます。
野菜に豊富に含まれる酵素によって、食べたものをエネルギーに変える代謝酵素を生成でき、太りにくい身体にも近づけるので一石二鳥です。
食事を考えるとき、サラダや蒸し野菜などを用意し、先に食べるよう心掛けてみましょう。

食事する時間帯を意識してみる

食事内容では野菜から食べるように意識し、同時に食事の時間帯にも気をつけてみましょう。
1日3食きちんと食べることが大切であり、朝昼晩の時間帯を意識することで太りにくい身体へと変わっていきます。
理想的な食事の時間帯は、以下を参考にしてみてください。

  • 朝・・・7時
  • 昼・・・12時
  • 夜・・・19時

早寝早起きを心がけ、朝食をしっかり食べることで、お昼頃にお腹が空いてくるでしょう。
その後一日の仕事を終えて、夜の7時頃に夕食を食べるようにすると、太りにくくなります。
遅くても、9時までには夕食を済ませておきましょう。
体内時計を整えることで、自然と痩せやすい身体に近づけます。
朝食から14時間以内に夕食を食べておくと体内時計を乱さずに済むため、翌朝から元気に活動できるでしょう。
生活のサイクルを整えることで、自然と食事の時間も整うようになります。

食事はしっかり噛んで食べよう

ダイエットを無理なく続けるには、食事をしっかり噛んで食べることが大切です。
しっかり噛んで食べていると、唾液を多く分泌することができます。
唾液は消化を進める作用を持っているため、食べたものをスピーディーに分解してくれるのです。
ゆっくり時間をかけて食べることで、脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを予防できるというメリットもあります。
食事の時間をきちんと確保し、ゆっくり噛むことを意識してみましょう。

ダイエットと血糖値の関係について

痩せる食べ方03

ダイエットを成功させるためには、食事の摂り方を意識することが大切です。
これは、ダイエットが血糖値とも深く関係しているからです。
ダイエットと血糖値にはどのような関係があるのか、解説していきます。

血糖値の急上昇を防ぐことが大事

食事をすることで、血糖値は上がります。
血糖値が上がると、膵臓ではインスリンが分泌され、糖分を脂肪に変えようと働き始めます。
血糖値を下げようとして、膵臓は働き始めるのです。
一方、血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンが過剰に分泌されることはありません。
食事と食事の時間が多く空くと、空腹感を感じるものです。
このときにご飯やパンなどの糖質を食べることで、血糖値の急上昇を招きます。
その後、血糖値が急上昇したあと下げようとするため、ここから食欲を増進させるとも言えるのです。
ダイエットを無理なく続けるためには、血糖値の急上昇を防ぐことが大切なのです。

食物繊維をたっぷり摂取しよう

痩せる食べ方05

食事において血糖値の急上昇を防ぐためには、食物繊維をたっぷり摂取することが重要です。
消化と吸収を緩やかにしてくれる食物繊維を意識して食べると、脂肪分が体内に蓄積されるのを予防することができます。
食物繊維には、糖の吸収を緩やかにし、余分な糖質や脂質を排出する働きもあるため、ダイエットの際には強い味方となってくれますよ。
以下の食べ物には食物繊維が豊富に含まれるため、日々の食事に取り入れてみてください。

  • きのこ類
  • 海藻類
  • こんにゃく
  • 野菜類

低カロリーで、ビタミンやミネラルが豊富な食材が多く、ダイエットの際にも安心です。
1日20gを目安に、摂取してみましょう。

効率よくダイエットを進めるために実践できること

辛いダイエットから開放されて楽しく過ごすためには、以下のポイントも押さえておくと安心です。

夜21時以降の食事はここに気を付けよう!

規則正しく食事をとりたいと思っていても、仕事や家事などの都合でうまくいかない日もあります。
中でも夕食が遅くなってしまう場合は、以下の点に注意して食べてみましょう。

  • 必ず火を通した、温かいものを食べる
  • 脂身の少ないタンパク質をしっかり摂取する
  • 海藻や貝類を食べて、代謝アップを促す
  • 炭水化物は極力避けると安心

小さなポイントを意識するだけでも、太りにくい身体に変わっていきます。

日常に運動を取り入れよう

ダイエットを効率よく進めるためには、やはり適度に身体を動かしたいです。
忙しい人でも安心して続けられるのが、日常生活の中に運動を取り入れる方法です。
駅ではエスカレーターではなく階段を使う、早起きして1駅分歩く、少し遠くにあるスーパーに行くなど、日々の生活の中でこまめに身体を動かしてみましょう。
このような生活を意識するだけでも、ダイエットにつながります。

太らない食べ方&痩せやすい生活で、快適なダイエットライフを!

痩せる食べ方02

毎日の食事で、食べる順番や内容、時間帯を意識するだけでも効率よくダイエットができます。
小さなことを意識しながら継続することで、美しく健康的に痩せられるでしょう。
快適なダイエットライフを送るため、今の生活を見直し、実践できることから始めてみてください。
規則正しい生活を心掛けて、楽しくダイエットを続けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。